新着情報

IMG_1098

江東区大島にあるお店で、武蔵野うどんを食べてきました。

武蔵野うどんとは東京の多摩地域と埼玉にまたがる地域で作られた小麦粉を使用しており、色が若干黒っぽいのが特徴です。
また、讃岐うどんのような弾力ではなくゴツゴツしていてつるみも少ない麺にでした。

肉汁つけうどんが看板メニューとのことで、そちらを注文。
豚バラ肉や揚げが入った濃いめの汁ですがうどんインパクトの方が勝っていました。

個人的にはつけ汁うどんよりカレーうどんの方が、汁と絡んでおいしそうに見えました。

ご馳走様でした。

永峯

152

青山椒に続いて今回は、唐辛子を練りこんだ焼きそばを開発しました。

個人的に辛い物が好きなので、中途半端な辛さではなくしっかりとした辛みが感じられる麺となっております。

ソースや、塩だれ等の絡みがよくなるように平たい麺です。

是非ご賞味下さい。

永峯

IMG_0979

芝大門の四川料理店郷村居の11月おすすめメニューは、『豚バラ肉・キムチ・豆腐のピリカラ麺』です。

気温があまり上がらなこの時期でも、体の底から温まることのできるピリ辛メニューです。

今月も具沢山で、ニラ・モヤシ・豚バラ・きくらげ等様々な食感が楽しめます。
キムチがベースのスープはしっかりと辛みが有りますが、辛さの中にも甘みやうまみを感じることができます。

今月のセットごはんは、ジャガイモの炒め物を乗せたごはんです。

永峯

 

IMG_0960

芝大門の四川料理店郷村居の10月おすすめメニューは『いろいろきのこと冬野菜のあんかけタンメン』です。

猛暑で疲れた胃にやさしいあっさりメニューになってます。

きくらげ・えのきなど数種類のきのこと人参・ごぼう・小松菜?等の野菜がふんだんに入った餡が、さっぱり醤油ベースのスープにかけられています。

今月は辛さは抑え目で、辛い物がまったく食べれない人でも食べれます。

辛いもの好きには、ラー油を別途もらえます。

今月のセットごはんは、厚揚げ豆腐のピリ辛煮が乗ったご飯です。

永峯

IMG_0911

芝大門にある四川料理店郷村居の9月おすすめメニューは『鶏ジュレの冷やし麻辣さつま芋春雨』です。

まだまだ暑い日が続く9月におすすめの冷たいピり辛メニューになってます。
黒酢の効いた冷たいスープの上に鶏もも・ハツ・砂肝と彩り野菜が乗っています。
スープは茗荷が食感・風味ともによいアクセントとなり、より一層さっぱりさせてくれます。

一番の特徴はさつま芋の春雨です。
一般的な細い春雨のイメージを覆す太めでもちもちした食感です。
春雨以外にも中華麺も選べます。

今月のセットごはんは台湾チャーハンです。

永峯

IMG_0895

芝大門の郷村居8月のおすすめメニューは『アナゴ一本揚げ!!きしめんのピリカラニンニクソース和え麺』です。

普段の中華麺ではなく、きしめんを使用し大きなアナゴが乗った見た目にもインパクト大なメニューとなっています。

きしめんはしっかりとした歯ごたえで、食べごたえがありピリカラなニンニクソースがよく絡みます。
アナゴは外はサクサクですが、中はふわふわ食感となっています。

今月は山芋のかかったごはんか、白ごはんが選べます。

永峯

IMG_0887

遅くなってしまいましたが、芝大門にある郷村居の7月おすすめメニューは『沖縄もずく・じゅんさい・夏野菜の胡麻だれ冷やし麺』です。
うだるような暑さが続く7月におすすめの冷たい爽やかなメニューとなっています。

もずく・じゅんさいのトッピングされた冷たい麺にさっぱりとした胡麻だれがかけてあり、そこに別皿の豚肉やもやし・生きくらげ・つるむらさきなどを乗せて食べます。

じゅんさいの食感がアクセントとなり、夏バテ気味でもつるつると食べれました。

今月のセットは白いご飯か、しらすの乗ったご飯が選べます。

暑い日には、冷やし豆乳坦々麺もおすすめです。

永峯

IMG_0870

芝大門の四川料理店郷村居の6月おすすめメニューは『郷村居青木式四川マーボードーフ麺』です。

夜の営業でしか食べられなかった人気メニューのマーボードーフが今月はランチでも食べられます。

ラー油をたっぷり使用したメニューで辛みよりも痺れを感じます。
しかし、豆鼓などの調味料で痺れや辛さの後にしっかりとうまみを感じられます。

セットのご飯は納豆とたくあんのごはんか白いご飯が選べますが、マーボー麺を注文する際は白いご飯を選択し、ミニマーボー丼にするのもおすすめです。

また6月からは、去年の夏場も好評だった冷やし豆乳坦々麺も始まりました。
こちらもおすすめです。

永峯

IMG_0868

芝大門の四川料理店郷村居の5月おすすめメニューは『やわらか鶏肉と夏野菜のオリジナルスパイスが効いたピリ辛麺』です。

食べる時には、ハンカチ必須のスパイシーなメニューになってます。

舞茸やアスパラ・いんげんなどの彩り野菜に加え大ぶりなかぼちゃなど今月も具だくさんです。
なかでも一番存在感があるのは、骨付きの鶏肉です。
大きな骨付き肉ですが、とても柔らかくなっているので、手を使わずに箸だけで食べれます。

スープはオリジナルスパイスを使っているので、表しにくいですが中華とカレー風味の融合といった感じです。
かなりスパイシーですが、全部飲み干せてしまいます。

セットのご飯は、豆腐とひき肉の醤油煮込みごはんか白いご飯が選べます。

ご馳走様でした。

永峯

IMG_0847

芝大門の四川料理店 郷村居の4月おすすめメニューは『春キャベツ・彩り野菜のタンメン 豆乳スープ仕立て』です。

春らしい彩り鮮やかなメニューです。

毎月とても具だくさんなのですが、今月は特に多くの食材が使用してあり何種類入っているのか数えきれないほどです。

野菜やキノコ類、豚肉などが入っていてさまざまな食感が楽しめます。

スープのベースは塩味のタンメンですが、そこに豆乳が加わることでまろやかなスープになっています。

表面にはラー油が浮いており、これがマイルドなスープのアクセントになってました。

 

今月のセットのご飯は、高菜の混ぜご飯です。

こちらのメニューを注文の際はぜひ何種類の食材が使われているか数えてみてください。

 

永峯